【二外の選び方】おすすめの第二外国語|慶應商学部は中国語がNG

大学生

どうも、慶應の商学部に在籍中のカラス天狗です。

普段はファッションの記事を書いているのですが、今日は入学シーズンも近いということで、第二外国語の選び方についてお伝えします。

一般論に加えて、慶應大学商学部での実例も紹介しますので、新入生の方は参考にしてみてください。

まずは主要な第二外国語のそれぞれの特徴を抑えていきましょう。

1.フランス語

話者数 1億2000万人
習得の難易度 難しい
発音の聞き取り 難しい
役に立つ点
  • 法律・哲学関連の原著にフランス語で書かれたものが多い
  • 国際公用語である

2.ドイツ語

話者数 1億3000万人
習得の難易度 難しい
発音の聞き取り やや難しい
役に立つ点 哲学関連の原著が多い

3.スペイン語

話者数 4億2000万人
習得の難易度 やや難しい
発音の聞き取り カンタン
役に立つ点
  • ラテン語の基礎言語
  • スペイン語しか話せない人が多い
  • 国際公用語である

4.中国語

話者数 13億7000万人
習得の難易度 カンタン
発音の聞き取り 難しい
役に立つ点
  • 良くも悪くも日本に近い
  • 国際公用語である

 

といったところで、主要言語の大観はざっとこんな感じです、大学・学部によっては他に韓国語やロシア語が入ることと思います。

上の表からもわかると通り、フランス語とドイツ語は難しいのであまりお勧めしません。話者数も比較的少なめですしね。簡単さで選ぶのは褒められたことではありませんが、楽をするなら、スペイン語か中国語でしょうね。

 

個人的にはスペイン語がおすすめです。理由としては、発音が日本人にとって簡単であること(ローマ字を読むような感覚)。話者数が多く、南米などでも役に立つこと。他のラテン語系につなげやすいこと。などがあります。

 

また中国語には一つの懸念事項があります。それは試験にリスニングが入ったとたんに、難易度が跳ね上がるということです

(ちなみに慶應商学部ではリスニングが課されており、取らない方がいい言語として、学内でも有名です)

 

そういうわけで楽なのはスペイン語というのが結論であります。

 

第二外国語とどう付き合っていけばよいか分からず不安だ、という方は第二外国語は無駄?大学生活でやっておくべきこととは?TOEICについてもをご覧ください。

 

普段は大学生と20代向けのファッション記事を書いていますので、新入生の方はそちらの方も参考にしてみてください。

コメント

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました