【マイクラ】プリセットの設定でスーパーフラットを自由にカスタマイズする方法!

マインクラフト

どうも、たまごです。

「地面が鉄ブロック一色のワールドを作りたい」
「何やらプリセットを弄るといいらしいが、詳しいやり方は分からない」
「というか、そもそもプリセットって何だ?」

本日はこういった悩みにお答えしていきます!

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在マイクラ歴5年ほどです。
4年前からレッドストーンの解説動画をYouTubeにて投稿しており、今では3000人強の登録者を抱えています。

 

本記事では、プリセットの設定でスーパーフラットを自由にカスタマイズする方法を徹底的に解説していきます。

 

自分の力でワールドをカスタマイズできるようになって、より快適にクリエイティブモードを楽しめるようになりましょう!

スポンサードサーチ

【前提】プリセットの設定画面を開こう

具体的なプリセットの設定方法を学ぶ前に、まずはどこに「プリセットの設定画面」があるのか知っておきましょう。

 

①ワールド一覧から「Create New World」を選択。

②ゲームモードを「クリエイティブ」に切り替え、

③「More World Options…(より詳しい設定)」をクリック。

④地形を「スーパーフラット」に切り替えた際、下に表示される「Customize」を選択。

⑤最後に「Preset(プリセット)」をクリック。

↓の画像の赤枠で囲んだ部分、こちらが今回使っていく【プリセット入力画面】となります。

ちなみに「Preset」とは「pre(前もって)」と「set(設定する)」を組み合わせた単語であり、ワールドの情報を前もって設定するといった意味合いがあります。

 

ちょっとした豆知識です。

【実践】カンタン2ステップ!プリセットの設定方法

というわけでここからは実践に移ります。

 

プリセットの設定でスーパーフラットのワールドをカスタマイズする手順としては、具体的に以下の2ステップです。

  1. 使用する地面ブロックを決める&設定する
  2. 各ブロックの層数を設定する

 

1つずつ順番に見ていきましょう。

①使用する地面ブロックを決める&設定する

まずはどんなブロックを使用するかを決め、その情報をプリセット画面に打ち込む必要があります。

プリセット画面に書き込んでいくコードとしては具体的に以下の通りです。

ブロック名,ブロック名,ブロック名,…(繰り返し)

 

なので例えば、

  • 黒曜石
  • 鉄ブロック
  • 土ブロック

の3種類のブロックで構成されるワールドを作りたい場合、プリセット画面に以下のようなコードを打ち込むこととなります。

obsidian,iron_block,dirt

 

すると↓のように、一番左に書いたブロックを最下層として順番に地層が形成されるのです。

 

他にも、鉄ブロックだけで構成されるワールドを作りたい場合は、

iron_block

とだけプリセット画面に打ち込めばOK。

 

はたまた、岩盤ブロックとTNTで構成されるワールドを生成したい場合は、プリセット画面に

bedrock,tnt

と入力すればよいわけです。

 

以下に地面ブロックとしてよく使われるブロックの名前をまとめておきますので、よかったら参考にして下さいね。

ブロック 名前
草ブロック grass_block
鉄ブロック iron_block
黒曜石 obsidian
TNT tnt
空気 air
バリアブロック barrier

といったあたりで、地面ブロックを指定する方法は以上です。

 

とはいえ、このままでは『プリセット』の設定が完了したとは言い切れません。

 

なぜなら、単にブロック名を羅列しただけでは↓の画像のようにすべてのブロックが”1層状態”で生成されてしまうからですね。

各ブロック層に厚みを持たせ地面幅を変更するためには、それなりの設定を行わなければなりません。

具体的なやり方を次のステップで見ていくことにしましょう。

②各ブロックの層数を設定する

使用する地面ブロックの設定が終わったら、今度は各ブロックの層数を決めていきます。

各ブロックの層数を指定するコードの書き方は具体的に以下の通りです。

層数*ブロック名,層数*ブロック名,層数*ブロック名,…(繰り返し)

 

要は、それぞれのブロック名の頭に「任意の層数*」を付ければいい、ということですので、例えば

  • 黒曜石
    →1層
  • 鉄ブロック
    →3層
  • 土ブロック
    →5層

で構成されるワールドを作りたい場合は、

obsidian,3*iron_block,5*dirt

というコードをプリセット画面に入力すればよいわけですね。(“1層”を指定する場合は書く必要ナシ)

すると↑のように、自分が指定した通りの厚さで各ブロック層が形成されます。

これができてはじめて『プリセット』の設定が完了したと言えるのです。

スポンサードサーチ

まとめ:プリセットを設定して某有名実況者の鉄ブロックワールドを再現してみよう

というわけでいかがでしたか?

プリセットの設定でスーパーフラットをカスタマイズする方法を改めてまとめますと、

  1. 使用する地面ブロックを決定&設定する
    →ブロック名,ブロック名,ブロック名,…
  2. 各ブロックの層数を設定する
    層数*ブロック名,層数*ブロック名,層数*ブロック名,…

といった感じになります。

 

上記の設定を方法をマスターすると、某有名レッドストーン解説者様が使っておられる鉄ブロックの世界や、

海外のレッドストーン実況者がこぞって使っている、周りに何もない世界を作ることだってできちゃいます。

本記事で紹介したプリセットの設定方法をマスターして、自分好みのワールドをカスタマイズできるようになってくださいね。

 

それでは!

関連:【マイクラ】コマンドブロックを使った最強TNTキャノンの作り方!【飛距離無限大】

コメント

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました