【マイクラ】TNT式エレベーターの作り方!256ブロックを2秒で昇る!

マインクラフト

どうも、たまごです。

「TNT式エレベーターの作り方が分からない」

本日はこういった悩みにお答えしていきます!

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在マイクラ歴5年ほどです。
4年くらい前からYoutubeにてレッドストーンの解説動画を投稿しており、今では3000人強のチャンネル登録者を抱えています。

 

本記事では、数百ブロックもの高さにものの数秒で到達してしまう「TNTキャノン式エレベーター」の作り方を解説していきます。

 

ロマンあふれる装置を求める方必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

ちなみに、他のエレベーターについても見てみたいという方は以下のリンクからどうぞ。(別タブが開きます)

スポンサードサーチ

TNT式エレベーターはスピードがハンパじゃない!

まずは以下の動画をご覧ください。

この動画は、高さ256ブロックの限界高度ギリギリの高さをTNTキャノン式エレベーターで昇りきっている映像です。

 

到達時間にしておよそ2秒

 

もうこれだけでTNTキャノン式エレベーターがどれほどの威力を持っているかお分かりいただけるかと思います。

 

ソウルサンド式エレベーターやフライングマシーン式エレベーターなどマイクラには数々のエレベーターが存在しますが、こと上昇スピードにかけてはTNT式エレベーターの右に出るものはありません。

 

普通のエレベーターのスピード感に物足りなくなったと感じている方はぜひ一度TNT式エレベーターを作ってみて下さい。

 

というわけで次の章から、そんなTNTキャノン式エレベーターの実際の作り方を見ていきます!

【実践】TNTキャノン式エレベーターの作り方

それでは作り方の紹介と参ります。

全部で10ステップありますので、先ほどの動画を目標に頑張ってついてきてくださいね。

 

5×5の広さで地面を1ブロック掘り、

4隅に水源を設置。

中心に十字状の穴をあけ、チェストを4つ設置します。

一度TNTを水中で起爆させてみて真ん中の穴まで流されるか確認しておいてください。

ディスペンサーを12個、中央に向けて設置し、

ディスペンサーの中にTNTを入れておきます。

⑦プレイヤーがまっすぐ吹っ飛べるよう、中心に穴の開いたガラスの柱を任意の高さまで積み上げます。

⑧上の階に画像のようにトリップワイヤーフックを取り付け、

⑨プレイヤーを押し出すためのピストンにつなげればOKです。(リピーターは1ティックが最も安定しています)

⑩プレイヤーが高く飛びすぎないように穴の上にブロックを置いておきましょう。

使い方

TNTキャノン式エレベーターの使い方としては以下の通り。

①:難易度を「ピースフル」に変更する。
②:TNT起爆用のボタンを押す。
③:水流の中心に立ち、ジャンプを繰り返しておく。
④:TNTが爆発するのを待つ。

 

難易度をピースフルにしておかないとTNTの爆発と同時にそのまま天国まで昇ってしまうので、そこだけ注意しておいてください。

スポンサードサーチ

TNT式エレベーターで限界を突破する方法

コマンドブロックを使った最強TNTキャノンの作り方!【飛距離無限大】でも紹介しましたが、コマンドブロックを活用することでTNTキャノンもといTNT式エレベーターの威力を何倍にも高めることができます。(動画では10,000ブロック上昇)

 

そんなコマンドブロックを使ってTNT式エレベーターの限界を突破する方法は以下の通りです。

発射台を作り、水源の座標をメモしておく。

近くにコマンドブロックを設置し、

③画像のような「/summonコマンド」を打ち込んでおきます。

【関連】コマンドを使ってできること9選!【全部まとめた】

そしたら同じコマンドブロックを好きな数だけ設置します。

PCの場合「Ctrlキー」を押しながらマウスホイールをクリックすることで中身ごとコマンドブロックをコピーできます。

角をマーキングし、それぞれの座標を取得しておきます。(白羊毛と緑羊毛)

⑤近くにコマンドブロックを二つ設置し、(コマンドブロックの向きにはくれぐれも気を付けてください)

①のコマンドブロックには以下のような設定を、

②のコマンドブロックには以下のような設定をそれぞれ施しておきましょう。

といったところで作り方は以上となります。

改めて動画のように動作すれば問題ありません。

【あわせて読みたい】100%引っかかる簡単な落とし穴トラップ4選!

まとめ:意外と簡単なTNT式エレベーターを作ってみよう!

というわけで本記事では上昇スピードが群を抜いているTNT式エレベーターの作り方を解説してきました。

 

実用性のあるエレベーターとうよりもロマン重視の「見せ物」感ただようエレベーターですが、作ってみて損はありません!

 

少しでもいいなと思った方は実際に作ってみたり、自分なりにTNTの数を増やして改造してみるなどしてみてくださいね。

 

といったところで今回は以上です。

コメント

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました