【マイクラ】床が動く!超リアルなエレベーターの作り方【フライングマシーン】

マインクラフト

どうも、たまごです。

「マイクラでリアルなエレベーターを作りたい」
「床が動くタイプのエレベーターの作り方が分からない」

本日はこういった悩みにお答えしていきます!

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在マイクラ歴5年ほどです。
4年くらい前からYoutubeにてレッドストーンの解説動画を投稿しており、今では3000人強のチャンネル登録者を抱えています。

 

本記事では、数あるエレベーターのうちのひとつである「フライングマシーン式エレベーター」なるものの作り方を解説していきます。

 

フライングマシーンとはまたの名を「自走装置」などと呼ぶ、何もしなくても装置が自分で勝手に上下移動してくれる装置のこと。

 

これを利用することで、本物のエレベーターよろしく床が上下するリアルなエレベーターを作ることが可能です。

 

装置にロマンを追い求める人にがっつりハマる内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

ちなみに、他のエレベーターについても見てみたいという方は以下のリンクからどうぞ。(別タブが開きます)

スポンサードサーチ

フライングマシーン式エレベーターの作り方

それでは早速フライングマシーン式エレベーターの作り方を解説していきます。

 

工程は全部で17ステップありますので、↑の完成形を目標に頑張ってついてきてください。

作り方

①下の階の作動用のボタンを設置します。

②ボタンのそばに幅2、奥行き4、地下5ブロックの穴を掘ってください。

③画像位置に黒曜石と上向きオブザーバーを設置し、

④その上にスライムブロックおよび上向き粘着ピストンを置きます。

⑤さらにその上に下向き粘着ピストンとスライムブロックを設置。

横から見るとこんな感じです。

⑥さらにオブザーバーおよびスライムブロックを追加で設置。

横から見た図↓

⑦その上にスライムブロックを4つ、床材ブロックを4つそれぞれ設置すればフライングマシーンの完成です。

⑧続いて最初に設置した黒曜石に向けてオブザーバーを置き、

⑨ボタンのON/OFFでオブザーバーが反応するように回路を伸ばします。

⑩そしたらスライムブロックに隣接する壁を除去し、

⑪床を黒曜石で覆っておきましょう。

実際にボタンを押してみて↓の画像のようにフライングマシーンがもりもり盛り上がってくればOKです。

⑫上の階の高さを決め、

⑬不動ブロックをこの位置に設置し、

⑭一度フライングマシーンを上の階に連れてきます。

⑮画像の位置に普通のピストンを下向きに設置し、

フライングマシーンの横向きオブザーバーがピストンの伸びを検知できる位置にピストンを設置してください。

⑯ボタンを押すことで今設置したピストンが伸びるよう回路を伸ばします。

スライムブロックに触れるところはきっちり不動ブロックを設置するように気を付けてください。画像は黒曜石を使っています。

⑰最後に軽く整えて完成となります。

改めて、↓の動画のように動作すれば問題ありません。確認しておいてください。

【あわせて読みたい】初心者向け!地下埋設型8連かまどの作り方!

まとめ:フライングマシーン式エレベーターは意外と簡単に作れる!

ぼく自身、この記事を書くまでフライングマシーン式エレベーターなるものを作ったことがありませんでした。

 

それは「フライングマシーン」という名前に対して「なんだか難しそうだな…」というイメージを抱いていたために、開発に着手するのが気が進まなかったからです。

 

でも実際に作ってみてると、予想と反して「フライングマシーン式エレベーターって作りシンプルだし案外簡単に作れるじゃん」ってのを感じました。

 

「フライングマシーン式エレベーター」って名前の割には意外と作るのが簡単な代物だったりします。

 

ぜひ皆さんもご自分のワールドに作ってみて下さいね。

 

それでは!

コメント

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました