大学生・男は服を何着持つべき? 論理的に解説します!

オシャレ

どうもカラス天狗です。毎日、私服を着て登校しなければならない大学生の皆さんに向けて、服をどのくらい持っておくべきかについて解説していきます。

服装はその人のイメージを作る大きな要素の一つですので、服のせいで不利益を被らないようにしたいですよね。

そのためにも適切な量の服を用意しておきましょう!

スポンサードサーチ

基本的に上半身4着、下半身3着でOK

まず服を

・おしゃれをする時の服 (1軍) ・普段使いの服  (2軍)

の2つに分けてみます。

そして服の枚数を考える上で大切なのは

「いつも同じ服着てるなー」とおもわれないことです。

また服装は時と場合によって使い分けることが、大事になってきます。

となると、1軍の服が一着だけだと、友達と週末に出かけるときや、レストランに食事に行く時に、いつもその1軍の服を着ることになります。それは望ましくありませんので、まずは1軍の服が2着は欲しいところです。

これで手元に二着、大学は基本週5であり、1軍の服も着ていくと考えると、あと3着あれば1週間毎日違う服で行けます。

ただ筆者としては、大学では同じ友達と毎日会うなんてことは基本無いので、2軍2着の計4着で大丈夫だと考えます。

またズボンを3着持っていると仮定すれば、4・3=12 パターン作れますので、十分でしょう。

よって上半身は4枚でOKです!


では何故ズボンは3着なのかを解説します。それはメンズのズボンは選択肢が少ないからです。

まずメンズのズボンは暗い色が基本です。というのも色には重力というものがあり、頭から足に向けて、色が暗く、重くなっていくのが自然に見えるのです。よって色が限定されます。

またズボンの種類も、基本的にジーパンかチノパンかスラックスか(スーツ生地)といったところです。

Yohji Yamamoto ワイドパンツの画像3

このような変則的なものもありますが、最初にそろえるものではないですよね。

そしてズボンは基本的に着回しがしやすいので、1軍2軍の垣根なく使っていけます。

というわけで、下半身に関しては、3着で十分でしょう。2着だと流石にきついと思います。

ズボンは着回しも良く、長く使えるものが多いので、お気に入りの3着を用意してみてください!


というわけで、まとめると上半身は4着、下半身は3着あれば良いというのが結論です。

ただ多いに越したことはありませんので、最低4着ということです。

また夏は汗をかくので、洗濯の頻度も高まりますので、もう少し持っておいても良いかもしれません。

冬はコートやジャケット等上着が必要になりますので、必要なアイテムは増加傾向にあります。必要に応じて買い足していってください。

最後に:着回しについて  番外編もあるよ

先ほどの結論は

どの洋服も組み合わせられる

という仮定に基づいています。

上半身4×下半身3=12(パターン)というのも、この仮定あってのものです。

なるべくこの仮定を満たせるように、着回しの良さそうな洋服を選んでいきましょう。

着回しの良い服ってどんなものかわからない方は、以下の記事を参考にしてみてください。どれも着回しの良い物ばかりです。

【この春注目】大学生メンズのテーラードジャケットの着こなし方!

大学生は良いジーパンを履くべし!慶応大生おすすめのメンズ・ジーンズ紹介

【脱量産型】大学生におすすめの春服・コーディネート紹介【現役慶應生直伝】

大学生・メンズにおすすめの服・服装を5つの基準から徹底解説! 

スポンサードサーチ

番外編 現役慶應生のカラス天狗は実際どれくらいの服を持ってるのか?

僕はこの記事を書きながらふと一つのことを思いました。ここまで説明してきたのはいいものの、実際自分はどれくらい服を持っているのだろうと。

あとこの記事文字数が少なすぎるなと…

というわけで紹介しようではないですか。僕のクローゼットを!

ただクローゼットの中身というのは、ファッション芸人にとってはキラーコンテンツ。こんな番外編で消化していいのか?答えはNoだ。

ということで、写真は使わずに、ジャンルごとに紹介していこうと思います。

まずは、これからの時期必須のシャツ系から。

シャツ系は意外と持ってなかった…黒シャツ1枚に、白シャツ1枚、古い青シャツ、そしてチェックシャツが一枚の計4着でした。ちなみにチェックシャツはかなりのお気に入り。こちらの写真で着ています。https://wear.jp/karasuengu/16460354/

Tシャツ・カットソー系はたくさん持ってました。白と黒が基本で5枚ありました。夏になったら紹介したい。

パーカーは1つのみと意外な穴でした。

ジャケット・アウター系は脅威のラインナップ。シャリーフのロングのチェスターコート、トレンチコート、モッズっぽいコート、ユニクロのジャケット、tkの革ジャン、かわいい紺のボアジャケット、父からもらったストリート系ジャンパーなど計7着。そのうち5着が大学に入って購入したものであり、わが社の主な投資先でした。

ズボンもかなりの充実具合、ジーンズ3つ、カーゴスラックス1つ、アンクルパンツ1つ、スカートパンツ1つ、シェフパンツ1つと計7着でした。ズボンはほとんどお気に入りのものばかりで、特に良く履いているのは、ジーンズ、スカートパンツ、カーゴです。           使用例https://wear.jp/karasuengu/16414536/

ジーパンについての記事TOMMY HILFIGER のデニムジーンズを1年履いてみて カラス天狗のファッションブログ

小物類は別として、ここまでのアイテムの合計が計25着。ちょっと多いかな?特にズボンが多い気もします。

それに加えて運動着や汚れてもいい服として取っておいているものが5着程度ですかね。

少し多いかなと思っていましたが、男性の平均が30着らしいので、こんなもんかと納得。服好きにしては控えめだと思うと安心できました。というか世の男性は結構服持ってるんですね。

じゃあ女性はどれくらいかなと、思いました。そして検索。そこには驚愕の数字が。

女性は平均200着。

えっ……?  違うサイトには300とも。まじか。。。

世界は僕が思っていたよりも広かったようです。(闇)

どこからそんなお金が?そしてどこにその服たちは収納されているのだろう?

様々な疑問が頭によぎりました。

僕は真剣に女性の服事情に知的好奇心を駆り立てられてしまいました。こんなに何かを疑問に思ったのも、知りたいと思ったのも何時ぶりだろうか…

ミニマリストを自称する人でさえも70着持っているそうでした。いろんなサイトをみていると、さすがに200着は多いので減らして100着にしましょういうのが多かったです。1つの季節で25着だそうで、ボトムスは30本くらいにしましょうとなっていました。ボトムス30本!まじすかという感じですわ。まあ捨てられなくなってしまうのはわかるのですが、さすがに多く感じますね。

別のサイトには1年で同じ服を着るのは、6回がベストということも書かれていました。僕はもっと愛着をもってきたいので、最低でも1週間に一回くらいは着たいですね。


というわけでここらへんで今回は終わりたいと思います。カラス天狗でした。

 

 

コメント

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました